セブンペイとnanaco(ナナコ)の違いは?

こんにちは、コヤマです。

7/1からセブンペイが始まりましたよね!

セブンにはnanacoもあるのでどうすれば一番お得なんだろう?と疑問に感じたので記事にしました!

この記事で少しでも多くの人の疑問を解消していただいて良いペイライフを送っていただきたいです!

2019/07/03に、7payの不正アクセスの被害が確認されているので利用されている方はパスワードを変えるなどして十分に注意してください

 

セブンペイとは?

セブンペイとは、2019年7月からセブンイレブンが始めたスマホQRコード決済サービスのことです。

セブンイレブンでは、nanacoのカード決済もあるので、結局どっちの方がお得なの?と気になる方もいると思います。

私も結局どっちが良いんだろ、、ってよくわからなくなったので調べて記事にすることにしました(笑)

色々調べてみた結果、セブンペイの方がnanacoよりお得」だと感じました!

その理由についてこれから説明していきたいと思います。

 

セブンペイとnanacoの違いは?

今までのセブンイレブンでの決済はnanacoが主流でしたね。

nanacoを利用すると支払い100円につき1ポイントが付与され、ポイント還元率は1%でした。

しかし、2019年7月からは、このnanacoのポイント還元率が0.5%になってしまいました。

セブンペイ支払では、nanacoポイント(0.5%)+セブンマイル(0.5%)の合計で還元率が1%になります。

セブンペイの方がお得な理由がわかりましたね!

 
ポイント還元率 0.5% 1%(nanacoポイント+セブンマイル)

セブンマイルとは

200円で1マイル貯めることができ、貯めたマイルは、1マイル=1nanacoポイントで等価交換することができます。

ただし50マイルからnanacoポイントに交換することができるので、最低でも1万円以上利用しないと恩恵を被ることができないのが難点です。

少しややこしいですよね、、

ユーザーとしてはもう少しわかりやすくして欲しいです(笑)

 

nanacoを持っていなくても大丈夫

自分nanaco持ってないし、関係ないや〜って思った人も大丈夫です!

セブンペイのアプリを登録するだけでnanacoに自動で登録したことになっています。

新規の人も問題なく利用することができます。

 

セブンペイのメリットとデメリット

私が感じたメリットとデメリットについて書きます。

メリット

  • チャージした分しか使えないのでお金を使い過ぎずに済む
  • チャージ方法を選択することができる
  • かんたんに登録・使用することができる

 

デメリット

  • 利用範囲が狭い
  • セブンマイルやnanacoポイントなどで紛らわしい
  • 現時点ではポイント還元率が低い

 

セブンペイは現時点ではセブンイレブンでしか決済することができません。

今後セブン&アイグループで利用可能になることを期待します。

 

セブンペイとnanacoの使い分けは?

nanacoで支払をするとポイント還元率は0.5%、セブンペイで支払をするとポイント還元率は1%なので、セブンペイで支払いをするのが良いと思います。

セブンペイで支払いをするとnanacoポイントもセブンマイルもたまるからです。

2019/07/31~2019/10/31までは、nanacoポイント2倍キャンペーンを実施しています。

セブンペイ支払いをするとnanacoポイントが2倍になるので200円ごとに通常ポイント1ポイントとキャンペーンポイント1ポイントの合計で、2ポイント付与されるようになります!(※キャンペーンポイントは翌月7日加算)

 

他のペイサービスとの使い分けは?

セブンイレブンでのペイ方法一覧がこれです。

この中で最も還元率が良いのはPayPayで、その還元率は最大3%です。

また、PayPayは7/11から7/21まで最大20%還元キャンペーンが始まるので見逃せません!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いろんなペイサービスが始まり、結局どれをやれば良いのかよくわからなくなりますよね、、

1つ1つのペイサービスのメリット・デメリットを理解することでうまく使い分けていきましょう!

セブンペイは現時点では、他のペイサービスとの差別化という点ではあまり目立っていませんが、今後独自のオリジナルキャンペーンが行われる可能性があると思いますので期待して待ちましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事