朝のコーヒーが危険な2つの理由

みなさんは朝コーヒーを飲んでいますか?

朝にコーヒーを飲むと1日の血糖値の上昇を抑えてくれたり良い効果があると耳にしたことがある人もいるかもしれません。

ですが、朝のコーヒーの飲み方によっては危険が生じてしまう可能性があります。

この記事では、なぜ朝のコーヒーが危険なのか、その原因について解説していきたいと思います。

 

朝のコーヒーが危険な理由

え、朝のコーヒーって危険だったの!?
体に良いって噂あったのに、、

お医者さん
朝のコーヒーは飲み方が大切なんだよ〜
飲み方にさえ気をつければ1日3~4杯のコーヒーは体に良いことばかり!

 

朝起きてすぐのコーヒーが危険な理由
  • コルチゾールを抑制してしまう
  • 胃液の分泌を促進してしまう

朝起きてすぐのコーヒーが危険な理由は、「コルチゾールを抑制してしまう」点と、「胃液の分泌を促進してしまう」点です。

この2点について詳しく解説していきます。

 

コルチゾールを抑制してしまう

コルチゾールには、血糖値と血圧をあげて起きるための準備を行う働きがあります。

コルチゾールは毎日決まった時間帯、明け方に分泌し始め、起床後30分~60分の間に大量に分泌します。

朝起きてすぐコーヒーを飲むことでコルチゾールの分泌を抑制してしまいます。

コルチゾールの分泌を抑えてしまうことで、カフェインを飲んでも目が覚めないことからカフェインに対する耐性ができてしまい、カフェイン中毒になってしまう可能性があります。

 

胃液の分泌を促進してしまう

コーヒーに多く含まれているポリフェノールの一種としてクロロゲン酸があります。

クロロゲン酸の効果には以下のようなものがあります。

  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • 糖尿病の予防効果
  • 胃液の分泌を活性化させる効果

 

クロロゲン酸には、体にとって良い効果が多いと思います。

朝起きてすぐクロロゲン酸を体内に入れると何がいけないのでしょうか?

それは、朝起きてすぐ飲むことで、胃液の分泌を促進してしまい、胃の粘膜に悪影響を与えてしまう可能性があります。

空腹時にコーヒーを飲んでばかりいると、胃がもたれたり、吐き気、腹痛などの症状が現れることもあるので、空腹時のコーヒーには気をつけましょう。

 

朝コーヒーの正しい飲み方

 

正しい飲み方
  • 朝起きて1時間はコーヒーを飲まない
  • 朝ごはんを食べてからコーヒーを飲む

 

朝にコーヒーを飲むときの正しい飲み方は、「朝起きて1時間はコーヒーを飲まない」かつ「朝ごはんを食べてからコーヒーを飲む」です。

この2点を徹底することがとても大切です。

これから朝コーヒーを飲むときは気をつけよっと!

お医者さん
良い心がけだね!
飲み方に気をつけてコーヒーの良い部分をたくさん吸収しよう!

こんなにある!コーヒーの良い効果

最近コーヒーの効果についてテレビなどで何かと取り上げられることが多いです。

結局どんだけの効果があるの?と思ったので私なりにコーヒーの効果をまとめてみました。

たくさんあるので、自分にとって良い効果がないかどうか確かめてみてください!

  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • 糖尿病の予防効果
  • 腎臓の働きを良くする効果(カフェインによるもの)
  • 食後の消化を良くする効果(食後がポイント)
  • 心筋梗塞のリスクを減らす効果(1日3~4杯飲むと)
  • 脳梗塞のリスクを減らす効果(1日3~4杯飲むと)
  • 血糖値の上昇を抑える効果
  • 認知症のリスクを下げる効果
  • 集中力を高める効果
  • 整腸効果(インスタントコーヒー)
  • リラックス効果
  • うつ病の予防効果
  • 脂肪の分解効果(食物中の)
  • ニキビの予防効果
  • 美白効果
  • むくみ解消効果

 

小学生や妊婦は、コーヒーを飲むことが推奨されないので気をつけてください。

 

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、朝のコーヒーが危険な理由と、コーヒーの正しい飲み方、コーヒーから得られる良い効果について書きました。

朝起きてすぐにコーヒーを飲んでいた人も、この知識を得ることで朝起きてすぐコーヒーを飲むという行動を見直してはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事