高校受験は失敗しても大丈夫!

高校受験の失敗は中学受験などをしていない人にとっては、初めての挫折経験になるのではないでしょうか。

でもそんなことは気にする必要がありません!

私も高校受験で第一志望に合格することができませんでした。

この記事では、なんで高校受験失敗は気にする必要がないのか説明することで、一人でも多くの人に立ち直ってもらいたいと思います。

高校受験の失敗、、もう人生終わりだ、、、

行きたかった高校に落ちた、、もうだめだ、、立ち直れるわけない

という人は毎年たくさんいると思います。

多くの人は、高校受験が初めての挫折経験になるのではないでしょうか。

人によっては、引きずってしまったりしてしまう人もいるでしょう。

私も2週間は引きずりました(笑)

しかし、引きずる必要はありません!!

たしかに高校受験のために、塾に通い、毎日勉強して、それでも努力が報われないっていうのは悲しいと思います。

ですがここで考えてみてください。

あなたの人生のゴールは行きたい高校に入ることなのでしょうか?

そんな人は一人もいないと思います。

高校の先には大学があり、大学の先には就職があります。

こんなところでつまずいている場合ではありません!

次に、なんで高校受験失敗しても問題ないのか説明していきたいと思います。

 

受験失敗しても大丈夫な理由

私が思う受験失敗しても大丈夫な理由は以下です。

  • その後の人生が決まるわけではない
  • むしろ大学受験が有利になる可能性もある
  • 大学受験でリベンジできる

 

その後の人生が決まるわけではない

先ほども言いましたが、高校受験は人生のゴールではありません。

中学生くらいだとコミュニティもまだ狭いので、親に合わせる顔がない、など悲観的になりがちですが、立ち直りましょう!!

親御さんは、子供が受験に失敗しても絶対に励ましてあげてください!

どんな人も多少は傷ついてるものです。

この時期の子供にとって、親の言葉は大きいです!

私も、親に励まされたからこそ2週間で立ち直れましたが、もし励まされていなかったらどうなっていたことか、、(笑)

 

むしろ大学受験が有利になる可能性がある

そんなの嘘でしょ〜

と思う人もいるかもしれません。

ですがこれは事実です。

指定校推薦という大学に推薦で入学することができる制度があります。

この推薦を利用する場合、入れなかった高校=自分の能力より高い、が成り立つと思うので推薦を使うライバルが少なくなるかもしれません。

この指定校推薦という制度は、評定が一定以上の人しか使えないため、高校1~3年までのテストを欠かさずに頑張る必要がありますが、大学受験をすることに比べたら全然辛くないです。

 

大学受験でリベンジできる

大学受験でリベンジできます!

悔しい思いを大学受験にぶつけてやりましょう!!

高校受験に成功した人よりも、失敗した人の方が熱心に勉強をする可能性が高いです。

また受験失敗したくないですからね(笑)

また、受験に失敗した人の方が、何がダメで合格できなかったのかなど、自分を見つめ直す癖がつきます。

自分の現状を把握して仮説検証できる能力はとても大切なので、この能力を大学受験に活かすこともできるかもしれません。

 

指定校推薦って?

大学に受験をせずに推薦で入学できる制度です。

高校によっては特進クラスだと指定校推薦が利用できないなどの制約があるため、気をつけてください。

指定校推薦って進学校でも意外と利用できる人少ないんですよね〜(笑)

3年間の評定が重要なので、3年間テスト勉強を継続して頑張れる人が本当に少ないんです!

これはチャンスなのでは??

私の高校は自称進学校でそんなにレベル高い高校ではないですが、GMARCHの推薦はめちゃくちゃ余ってました(笑)

友達の中には、行きたい大学の推薦があるのに評定が足りないという苦い経験をしている人を何人も見ました。

行きたい大学の推薦がある、でも評定が足りなくて推薦を使えない、結局受験で失敗、、という流れは本当に辛いです。

私は最初から指定校推薦を見据えていたので、指定校推薦を利用するときに敵なしでした(笑)

ただ目の前のテストのために勉強するのは苦しいかもしれません。

でも勉強が指定校推薦につながり、直接大学入学に直結するかもしれないと思って勉強するととても楽になりませんか?

この制度を利用すると、大学入試制度が変更になっても影響を受けません!

ぜひこの制度の利用も視野に入れつつ勉強しましょう!

 

受験失敗という挫折経験はとても大切

受験失敗の経験はとても大切だと思います。

私自身あの失敗があったからこそ、高校の勉強を頑張り続けることができました。

高校入学レベルで、受験に成功した人と、受験に失敗した人の差があるかと言われたらほとんどないです。

高校の生活次第で、受験に成功している人たちをすぐに追い抜くこともできます。

受験失敗してしまった人には、あの辛い経験を二度として欲しくないのでぜひ頑張っていただきたいと思います!

 

終わりに

高校受験失敗について長々と話してきました。

高校はその後の人生に深刻な影響を与えることはありません。

高校受験は、競争社会で生き残っていくためのきっかけだと私は思っています。

この記事を読んだ人は、受験を失敗した人や、受験失敗した子供の家族だと思います。

受験失敗した人は、過去にとらわれず前向きに歩き出してください!

家族の方は、元気付けてあげてください!

今後の人生でこの失敗経験を生かしましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事